Department Of Cooks

調理師学科

Department Of Cooks

1年間で西洋料理、日本料理、
中国料理、応用調理(病院食等)
のテクニックを習得

職場で通用する技術を磨き、
最短で調理師になりたい

プロの調理師になるために基本的な知識や技術をしっかりと身につけます。その上で、さらに、西洋(フランス・イタリア)、中国、日本料理、応用調理からエスニック料理まで世界各国の調理テクニックを身につけることができます。カリキュラムは食生活と健康、食品と栄養の特性、食品の安全と衛生、調理理論と食文化概論、調理実習、総合調理実習を中心とした講義と、実践的な調理実習で構成されています。
講義でプロとして必要な知識や教養をマスターする一方、調理実習では調理器具の使い方や素材の見分け方など基本的な調理テクニックの習得からスタート、段階を追ってより様々なテクニックを習得していきます

取得可能資格
調理師免許証 介護食士3級 食育インストラクター  技術考査*
*合格者は専門調理師・調理技能士の学科試験免除

技術考査について

専門調理師とは?

取得可能資格

調理師免許証

介護食士3級

食育インストラクター

技術考査*

*合格者は専門調理師・調理技能士の学科試験免除

技術考査について

専門調理師とは?

技術考査について

専門調理師になるためには、学科試験と各分野(日本、西洋、中国、麺、すし、給食用特殊料理)に区分された実技試験に合格することが必要です。
調理師専門学校卒業生は特典として実務経験6年以上で受験資格が得られる他、卒業前に実施される「技術考査」(調理師学校全国統一筆記試験)に合格していると学科試験が免除になります。

専門調理師とは?

調理師免許を取得してから所定の実務経験(調理師専門学校卒業者は6 年)を経た後に受験資格が得られ、より専門的で高度な調理技術を修得した、上級調理師に与えられる称号です。

Curriculum

カリキュラム紹介

  • 衛生法規

    「一般衛生法規」「環境衛生法規」「労働衛生法規」「学校保健法規」「消費者保護関連法規」など衛生行政に関わる法律を学びます。

  • 公衆衛生学

    公衆衛生を実践するための技術や方法のことであり、疾病予防や伝染病などについて学びます。

  • 栄養学

    体を構成する栄養素の働きを中心に、年齢や病中に応じた正しい食生活などについて学びます。

  • 食品学

    健康の増進を図るために、どんなものを食べればいいか、各食材の働きを学びます。

  • 食品衛生学

    飲食物が原因で起こる感染症や食中毒などを予防する知識などを学びます。

  • 食文化概論

    職に関する作法や教育、現代食卓の課題、地域別の食形態の違いなどを学びます。

  • 調理理論

    調理の基礎知識を身につける教科です。料理やお菓子を作るための器具や機械の使い方、原材料の性質などを学びます。

  • 基準調理実習

    調理の基本中の基本を実際に学びます。

  • 応用調理実習

    実際に給食で出すような献立を考え調理、配膳の仕方等を学びます。

Course technique

学科の特徴

西洋料理

日本料理

中国料理

応用料理

西洋料理

基礎技術からデザートまで

西洋料理は、オードブルに始まり、料理、デザート、食後のコーヒーまでバランスが重要視されます。特にデザートの位置付けは高いものがあります。その全てをコントロールするのがシェフの役割です。まず仕事場で柔軟に対応できるように基本的な技術を身につけてもらいます。前期では料理をしっかりと学び、後期では料理にプラスしてデザートやパンも絡めた西洋料理の全体像をつかんでもらいます。

日本料理

焼き物、刺身からそば、寿司まで

箸の持ち方に始まり包丁の握り方、そして片刃包丁、当たり鉢など和食の道具の使い方を身につけ、魚の三枚おろし、かつらむきなどを中心とした基本的な調理技術を学びつつ、焼き物、刺身、揚げ物、煮物、蒸し物、そば、寿司まで家庭でも食べられるものを中心に実習します。卒業後、専門的な日本料理店と並んで、日常的に和食を中心に食事を提供する集団調理の仕事場に進む卒業生も沢山いますから、日本料理の基礎をしっかりと学んでもらいます。

中国料理

「切り方」と「包丁さばき」を
マスターする

中国料理は、鍋一つで、一気に何人前も作ることが多くあります。その時、それぞれの素材が美しく揃っていないと皿に盛りつけたとき、中国料理としての魅力に欠けてしまいます。広く深い中国料理の世界への最初の一歩は、中国料理のどの分野に進んでも同じ。そこで、身につけて欲しいことは、この「切り方」とそれを実現する「包丁さばき」です。これを基本にして、料理は中国料理を代表する北京、四川、上海、広東の四大料理をバランスよく学びます。

応用料理

応用調理とは何かを学ぶ

応用調理とは、集団給食のために多人数の食事を調理する事です。学校、一般給食センター、病院、老人福祉施設、児童福祉施設、社会福祉施設、矯正施設、寄宿舎、事業所などで提供されています。基準調理実習とは異なった調理器具や調理法を駆使し、現場さながらの設備で実習を行っています。応用調理で何より大事なのはコミュニケーションとチームワークであり、技術とともに協調性を学んで行きます。

Message

在校生メッセージ

Message

将来はお客さんもスタッフも
笑顔になれる、そんなお店をもってみたい。

調理師学科

石村 沙樹群馬県立中之条高等学校

職場での経験を早く積みたかったので、1年間で調理師の免許が取れることが魅力でした。群調で学んでいる西洋料理、日本料理、中国料理の知識や技術を活かして、将来は施設や学校など、身近な人が食べて幸せだなと感じてくれる食事を提供する集団調理の仕事に就きたいと思っています。私は子どもが好きなので、出来れば子ども達が喜んでくれる美味しい給食づくりをしてみたいですね。

職場での経験を早く積みたかったので、1年間で調理師の免許が取れることが魅力でした。群調で学んでいる西洋料理、日本料理、中国料理の知識や技術を活かして、将来は施設や学校など、身近な人が食べて幸せだなと感じてくれる食事を提供する集団調理の仕事に就きたいと思っています。私は子どもが好きなので、出来れば子ども達が喜んでくれる美味しい給食づくりをしてみたいですね。

PAGE TOP