TOPページ > 調理高度テクニカル学科(2年制)

<授業見学>
■昼間部
 月曜日~金曜日 10:00~16:00
■夜間部
 月曜日~金曜日 18:00~20:00

<学校施設見学>
 月曜日~金曜日 
 9:00~20:00
 土曜日
 9:00~15:00

お電話・メールにてお申込み下さい。なお、携帯電話のメールアドレスでお申込みの場合、パソコンからの返信メールを受信しない場合がございます。必ず文面に電話番号のご記入をお願い致します。


〒370-1203 群馬県
高崎市矢中町23-10
電話:027-346-0389
Fax:027-346-3527

 基礎基本をしっかり学び、より専門的な技術を習得する 1年次に学んだ知識や技術をベースに、より高度に、より専門的に調理技術を学び、次世代の料理人を育成する『調理高度テクニカル学科』。
 デザイン、サービス、マーケティングなどの専門知識の習得や、フランス短期留学(2年次)などへ参加することができます。2年間という長い期間ですが、長さを感じさせないほどの充実した学校生活が待っているでしょう。


 卒業後の進路を決める時、あなたがどのジャンルの料理で腕を磨いていきたいかを考えることから始まります。1年目は、和・洋・中の基礎基本(包丁の扱い方から各種料理まで)を学びます。そして2年目では、さらに和・洋・中の高度な調理技術や料理を繰り返し学ぶカリキュラムとなっています。
 2年間教わった3つのジャンルの技術やレシピは、卒業後に役立つものばかり。本校を卒業した多くの卒業生たちも学生時代に学んだレシピを今でも大事にしているという話を聞きます。
 少ない人数で調理作業を行うことで、調理作業の分担も多くなり、一人ひとりの技術力が備わります。また、全体を見渡し効率よく作業をするためにクラスメートと協力して行うチームワークも養います。
 1年次は調理師免許取得に必要な学科を中心に授業を行います。2年次ではより高度な調理技術を学ぶため、調理実習を中心とした時間割へと変わるため、毎日新しい料理や技術を習得することができます。
 本校は2年間ずっと和食・洋食・中華の調理実習を行うので、毎日の調理実習が楽しみになることでしょう。
【2年次 時間割の例】
 和・洋・中の実習に加え、『カフェ&スイーツ実習』を積極的に取り入れています。今、外食産業の分野で人気の高い「カフェ」を実習に取り入れることにより、料理、スイーツ、デザインカフェを身につける事が出来ます。レストランフロアには、カフェ専用バーがあり、放課後にはデザインカフェの練習も出来ます。もちろん、卒業後にはケーキ屋・洋菓子店などへ就職することも可能です!

 調理高度テクニカル学科は2年目の4月より約1か月間、ヨーロッパにある姉妹校への研修やレストランやホテルなどで実際に働きながら学ぶことが出来る短期留学に参加できます。
 不安を期待を胸に研修に参加した学生たちは、帰ってくるともう一度行きたいと言うほど、思い出に残る研修になっているようです。
 また、11月には10日間ほどのヨーロッパ研修旅行もあります。
(写真は平成28年度 短期留学の様子)

サイトマップ