山崎学園 調理・製菓 校友会 会則

( 目 的 )
第1条 本会は会員相互の親睦協力によって人格の向上と知識技術の発展を図るとともに、母校の事業に協力し、
     もって母校の発展に寄与することを目的とする
(名称及び事務所)
第2条 本会は山崎学園調理・製菓校友会と称し、事務局を前橋市小屋原町1145番1山崎学園におく。
( 事 業 )
第3条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
    (1) 会員の資質向上のための講習会、研究会の開催
    (2) 母校の事業への協力と援助
    (3) その他本会の目的達成に必要な事項
( 会 員 )
第4条 本会の会員は、群馬調理師専門学校、東日本調理師専門学校、東日本製菓技術専門校、
    群馬調理マイスター専門学校(以下「母校」という)を卒業した者、及び4校の教職員とする。
( 除 名 )
第5条 会員が次の事項の各号のいずれかに該当する場合には、理事会の議を経て除名することができる。
    (1)この会の目的達成又は業務の運営を妨げたとき
    (2)この会の信用を失わせる行為をしたとき
( 会 費 )
第6条 本会の会員は、卒業時会費を納入しなければならない。
   2 既納の会費は、理由の如何を問わず返還しないものとする。
( 役 員 )
第7条 本会に次の役員をおく。
    (1)会 長    1名
    (2)副会長    3名
    (3)理 事   若干名
    (4)監 事    2名
(役員の選出)
第8条 役員は、総会において選解任し、その任期は4年とする。ただし、再任は妨げない。補欠による役員の任期は、前任者の残留期間とする。
   2 会長は、理事の中から理事会によって推薦し、総会の承認を得て選任する。
   3 副会長は、理事の中から会長が委嘱する。
   4 理事は、母校教職員が推薦し、総会にて承認を得る者とする。
   5 監事は、会員の中より総会において選出する。但し、理事を兼ねることは出来ない。

(役員の職務)
第9条 役員の職務は次の通りとする。
    (1)会長は本会を代表する。
    (2)副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代理する。
    (3)理事は理事会を組織し、会務の協議執行にあたる。
    (4)監事は会務の執行状況及びその結果を監査し、総会において報告する。
(役員の解任)
第10条 役員として、本会の名誉を損し、又は目的趣旨に反する行為のあったときは、総会の議決により解任することが出来る。
(名誉会長)
第11条 本会に名誉会長をおくことが出来る。
   2 名誉会長は、理事会の推薦により会長が委嘱する。
   3 名誉会長は、本会の重要な事項について、会長の諮問に応じ、又会議に出席して
意見を述べることが出来る。但し、議決に加わることは出来ない。
( 事務局 )
第12条 本会は事務処理上、事務局におく。事務局の職員は会長が任免し、会長の指示により事務に従事する。
( 総 会 )
第13条 総会は、通常総会と臨時総会の2種とし、通常総会は4年に1回、臨時総会は会長が必要と認めたとき、又は理事の3分の2      以上により要請があったとき、これを開催する。
(総会の議決事項及び議事)
第14条 次の事項は、総会の議を経なければならない。
    (1) 事業の報告及び計画並びに収支決算及び予算の承認又は決定
    (2) 解散
    (3) 役員の選解任
    (4) その他、会長が必要と認めた事項
   2 総会の議事は出席者の過半数の同意をもって決する。可否同数の時は議長が決する。
   3 総会の議事につては、議事録を作成し、議長及び議事録署名人2名が署名押印しなければならない。
( 理事会 )
第15条 理事会は、会長が必要に応じ招集する。
   2 理事会は、次の事項を審議する。
    (1) 総会に付議する事項
    (2) 諸規則の制定及びその改廃
    (3) 総会より委任された事項
    (4) その他、本会業務上必要な事項
(会計年度)
第16条 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日迄とする。
   2 本会の運営は、会費をもって支弁する。
( 表 彰 )
第17条 会長は、本会の発展に寄与した者を表彰する。
( 開 店 )
第18条 会員が開業し、その旨本人より申請があった場合、生花一基を贈呈する。

付則
1 本会則には次の付属規定をおく。
    (1) 役員慶弔見舞金規定
付則
1 本会則は、昭和53年 2月15日より施行する。
付則
1 本会則は、昭和58年 7月 6日より施行する。
付則
1 本会則は、昭和61年 9月 3日より施行する。
付則
1 本会則は、平成 2年 3月16日より施行する。
付則
1 本会則は、平成 5年 9月16日より施行する。
付則
1 本会則は、平成17年 8月25日より施行する。
付則
1 本会則は、平成24年 8月 1日より施行する。